スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年って。

  • 2010/12/18(土) 10:45:08

おはようございます。

5日ぶりの登場、“マギ”です。

新年まで残すところあと13日。

毎年思うが、早いなぁ・・・。

「もう、ベン・ジョンソンが走り去るくらい早ぇよ。」
「もうそこまで来てるからね、ベンが。」

というわけで、今年のアニメ・アニメ映画の思い出を振り返る意味も含めて、私のベスト5までを紹介しよっかな♪




まぁ、そう言わずに聴いて下さいよ。
じゃあ、いきなりベスト1から行きまーす。


ベスト1
刀語」(全12話)


奇策士・とがめと無刀の剣士・鑢七花(ヤスリシチカ)が、伝説の刀鍛冶「四季崎記紀(シキザキキキ)」の作った“12本の完成形変体刀”を求めて旅をする。
各1話(60分)
1ヶ月に1話というペースで、1月~12月にわたりTV放送された。

この作品もライトノベルからのアニメ化。
私は最初に原作を読まない性質なので、アニメからのファンですが、良いっ!!
1.善悪がはっきりとしている一般的なバトル思考に偏ってない。(頭脳戦・心理戦・話戦などもあった)
2.外の世界を知らなく、人間味が欠けていた七花が旅と様々な志を持った剣士たちとの死闘を通して、刀としての意味・闘うことの意味を悟り、心身共に成長していく姿。
3.とがめとの恋模様(まぁ、姉以外の女を見たことも触れたこともない=鈍感。「このいい加減に気づけよ!」っと言いたくなる程の鈍感ぶりに感服。)
4.個性的なキャラ(特に真庭忍軍の面々)の登場。
5.豪華声優
七花=細谷さん。(なんと、尾道市出身!!)
とがめ=田村 ゆかりさん
小山力也さん等々。

驚いたのが、「と禁」上条役の阿部敦さんが11話で出たこと!!

この面白さと深さは、とりあえず観ればわかる!!




ベスト2
「とある魔術の禁書目録?」

現在放送中の言わずと知れた大人気作品。
科学と魔術の相反する世界の秩序や、その世界に属する登場人物達。

学園都市に住む上条当麻。右手にどんな異能の力でも打ち消す“幻想殺し”という力を持つ彼が、持って生まれた不幸体質と黙って見過ごせない性格のおかげで、魔術の世界に干渉してしまったことで様々な事件に巻き込まれていく。
ちなみに、スピンオフ作品「とある科学の超電磁砲」も含めてベスト2!





ベスト3
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST

なんと、今年の夏にデビュー。
一気に単行本買いあさり、夢中で読み漁った。
アニメ版も完全コンプリート!
ストーリー、キャラ、曲ともに最高傑作!
最終回~前3話目は超感動!!

絶対に一番クジもコンプリートしちゃる!!!!!!
来年夏公開の劇場版も絶対に観ちゃる!!!!


ふぅー

ここで一息入れましょ


提供:マギ











関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

リクエスト

来年公開のハガレンはフューレックでは公開は無いのですか?
ぜひ、上映してもらいたいです。

バルト11さんに負けないでっ!

  • 投稿者: 0004425
  • 2010/12/23(木) 21:44:14
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する